Abstract

組成物が、巻き取り可能な寸法の炭素繊維材料と前記炭素繊維材料に浸出されたカーボン・ナノチューブ(CNTs)とを含んだカーボン・ナノチューブ(CNT)浸出炭素繊維材料を含む。前記浸出されたCNTsは長さと分布が均一である。また、前記CNT浸出炭素繊維材料は、前記炭素繊維材料の周りに等角的に配置されたバリア・コーティングも含むが、一方、前記CNTsには実質的にバリア・コーティングは存在しない。連続CNT浸出プロセスは、(a)炭素繊維材料を官能基化すること、(b)前記官能基化された炭素繊維材料にバリア・コーティングを配置すること、(c)前記官能基化された炭素繊維材料にカーボン・ナノチューブ(CNT)形成触媒を配置すること、及び(d)カーボン・ナノチューブを合成し、これによって、カーボン・ナノチューブ浸出炭素繊維材料を形成すること、を含む。 【選択図】図1

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (18)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2005538026-ADecember 15, 2005スネクマ・プロピュルシオン・ソリドSnecma Propulsion Solide耐火繊維の3次元繊維構造体、これを調製する方法、および耐熱構造複合材料への適用
      JP-2007515364-AJune 14, 2007ザ ユニバーシティ オブ アクロンThe University of Akronカーボンナノファイバ基板上のカーボンナノチューブ
      JP-2008523254-AJuly 03, 2008コモンウェルス サイエンティフィック アンド インダストリアル リサーチ オーガニゼーション, ボード オブ リージェンツ, ザ ユニバーシティ オブ テキサス システムBoard Of Regents,The University Of Texas Systemナノファイバーのリボンおよびシートならびにナノファイバーの撚り糸および無撚り糸の製造および適用
      JP-2009021038-AJanuary 29, 2009Sumitomo Electric Ind Ltd, 住友電気工業株式会社線材、導体、接続構造および線材の製造方法
      JP-2009535530-AOctober 01, 2009グッドリッチ コーポレイション, ロール インコーポレイテッドナノ補強材を用いた複合材料中に用いられる補強繊維トウの修飾
      JP-2009537339-AOctober 29, 2009マサチューセッツ・インスティテュート・オブ・テクノロジーナノ構造強化された複合体およびナノ構造強化方法
      JP-2012522142-ASeptember 20, 2012ドンファ ユニバーシティー炭素繊維及びその原糸、プレ酸化繊維の製造方法
      JP-3972674-B2September 05, 2007東レ株式会社炭素繊維その製造方法および炭素繊維強化樹脂組成物
      JP-4107475-B2June 25, 2008三菱レイヨン株式会社繊維強化複合材料用の補強繊維
      KR-100829001-B1May 14, 2008한국에너지기술연구원The manufacturing method of reinforced composite using the method of synthesizing carbon nanowire directly on the glass fiber or the carbon fiber
      US-2009020734-A1January 22, 2009Jang Bor Z, Aruna ZhamuMethod of producing conducting polymer-transition metal electro-catalyst composition and electrodes for fuel cells
      US-2009068387-A1March 12, 2009Matthew Panzer, Goodson Kenneth E, Xuejiao Hu, David MannComposite thermal interface material including aligned nanofiber with low melting temperature binder
      US-2009081383-A1March 26, 2009Lockheed Martin CorporationCarbon Nanotube Infused Composites via Plasma Processing
      US-2009192241-A1July 30, 2009Nachiket Raravikar, Ravindra TanikellaAligned nanotube bearing composite material
      US-2009220409-A1September 03, 2009Performance Polymer Solutions, Inc.Continuous process for the production of carbon nanofiber reinforced continuous fiber preforms and composites made therefrom
      US-2009286079-A1November 19, 2009Raytheon CompanyReinforced filament with doubly-embedded nanotubes and method of manufacture
      WO-2007136613-A2November 29, 2007University Of DaytonProcédé de croissance de nanomatériaux de carbone sur divers substrats
      WO-2008153609-A1December 18, 2008Seldon Technologies, Inc.Methods for the production of aligned carbon nanotubes and nanostructured material containing the same

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (2)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      WO-2016084842-A1June 02, 2016学校法人同志社Plastique renforcé de fibres de carbone, procédé de fabrication de fibres de carbone et procédé de fabrication de plastique renforcé de fibres de carbone
      WO-2017164206-A1September 28, 2017ニッタ株式会社複合織物の製造方法、複合織物及び炭素繊維強化成形体